PENTAX K-70 と一部 SIGMA レンズで K-1 同様マウント部に傷が付く事象/サポートは K-1 同様の予定

2016年7月22日に発売されたPENTAX K-70 と一部 SIGMA レンズで K-1 同様マウント部に傷が付く事象があると発表されています。

PENTAX K-70 と一部 SIGMA レンズで傷が付く事象

ペンタックス「K-70」をご使用のお客様へ|株式会社シグマ

シグマによると、問題となる機種や現象は以下

【現象】
レンズを装着する際、PENTAX K-70本体のマウント上方の部分にすり傷が付く。
【対象機種】
すでにPENTAX K-1対応の処置が行われたレンズは問題なし
・現行機種
SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art
SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

・旧機種
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM
SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
SIGMA APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM
SIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM OS機構が無い製品を含む
SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM  
OS機構が無い製品を含む

シグマ側の対応は K-1 の時と同様、詳細は追って発表されるということです。